ブログ

blog

【太陽光パネル 施工 20190501】重量物のトータルプロバイダー タカギロジスティクス

 

屋外用太陽光パネル 施工事例

重量物のトータルプロバイダー タカギロジスティクスより、重量工事業・太陽光事業・重量物輸送事業と様々なジャンルからの事例をご紹介いたします。

太陽光発電システム工事 施工情報

太陽光担当の小松です。前回はパネル設置工事までの情報提供でしたので、今回は

 

集電箱・1号柱設置

についてご紹介いたします。

 

依頼元: 某産業用太陽光発電システム販売会社様

背 景: 古くからお付き合いのある、販売会社様から工事のご依頼をいただきました。

◆施工詳細

 

施工方法:野立て(野原など)

施工指示:雑草が生えるため、できるだけ高く設置することを希望

施工時期:2018年12月3日~12月12日

施工場所:宇都宮市某所

 

◆製品情報

 

パワコン: 5.9kw×8台

パネル:  270W×288枚  計77.76kw

 

◆工事手順

      

        ①墨出し     セオドライトで木杭を打って墨出し    

        ②杭打ち     オーガ付きバックホーでスクリュー杭を打設し、レーザーレベルで高さを確認

 

    ③架台設置    水糸を使い、通りと高さをしっかり出して組み立てる

 

    ④パネル設置   見た目が重要なので、綺麗にそろえて固定していく

 

now! ⑤電気工事    パワーコンディショナー・集電箱を架台に取り付けて、

          ケーブルを丁寧に敷設・結線する

 

        ⑥フェンス敷設

 

◆施工での注意点・工夫・提案

 

≪1号柱設置≫

東京電力の電柱から敷地内に電線を引くため、1号柱を設置します。

ポールの材質は廉価で施工しやすい鋼管ポールが主流です。

根枷と根巻きコンクリートをしっかり施工して転倒防止対策をし、

更に強度を増すため支線を張ります。

東京電力管轄の24kW以上は CT(※1を取り付ける必要があるため、ベースとなる

CT板も付けました。

 

※1  CT・・・変流器(Current Transformer)の略。

      一般的な売電用計量器だと容量が足りないため、計量器に流れる電流を

      1/60に変えます。

      計量時には数値を60倍にして読み取ります。

 


≪集電箱設置≫

 

今回の物件では集電箱のブレーカ取り付けや配線もご依頼いただいています。

集電箱は、各パワーコンディショナーの電力を集める役割を果たしています。


  

 

集電箱の中は、個人宅にあるブレーカーをイメージしていただければ分かりやすいかと思います。

ブレーカーの配置は人によって個性が出るので、施工担当者が誰なのかすぐ分かります。

センスが問われますね。

パワコンと共通していますが、火災・機器損傷・発電不良を防ぐため

各接続端子の増し締めを行い、忘れずにマーキング(※2)をします。

 

※2  マーキング・・・ボルト・ナットの締め忘れを確認する意味と、目視によりゆるみを確認可能  

   とするための措置


《開放電圧・絶縁抵抗測定》

 

全ての施工が完了した後に発電不良、機器故障を防ぐために開放電圧・絶縁抵抗測定をしっかり

行います。

 

 【開放電圧測定】 

 メーカーが定める定格電圧範囲内の数値でない場合は

 モジュールやパワーコンディショナーなどに問題が

 ある可能性があります。

 

 

 

【絶縁抵抗測定】

感電・火災と電気使用機器(部品)の絶縁劣化を

防止するために、電路と大地間あるいは

電線間の絶縁抵抗を測定します。

 

 

 

【まとめ】

 

今回は集電箱・1号柱設置の手順をご紹介しました。

次回はフェンス敷設についてご説明します。

いよいよ工事も終盤となってきました。

パワーコンディショナー取付けの際と同様、今回の工事も電気を扱う作業を伴うため

小さなミスや手抜きが大事故に繋がります。

また、集電箱ブレーカーの取付けは決められた施工マニュアルがありません。

経験とセンスが活かされる作業です。

丁寧・確実を心掛けて取り組み、日々研鑽してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせ・ご応募ください!

お電話でのお問い合わせ

03-5493-3000

【受付】平日08:00~19:00 担当:渡辺