ブログ

blog

【重量物 輸送事業 20190725】

|

2019.07.25

大理石輸送作業 

重量物のトータルプロバイダー タカギロジスティクスより、重量工事業・太陽光事業・重量物輸送事業と様々なジャンルからの事例をご紹介いたします。

重量物輸送作業とは?輸送、搬入作業の流れ

重量物輸送事業、配車担当の山口です。

前回は、新人教育と一人立ちするまでの流れをお話し致しました。

なんとなくイメージは沸きましたでしょうか?

まだよくわからないと言う方へ・・・

今回は出社してからの仕事内容について

簡単に1日の流れをご紹介したいと思います。

【朝礼】

出勤後、まず最初にアルコールチェッカーでアルコールの検査をします。

物流ではアルコールの検査は当たり前ですよね?前日のお酒はいけません‼気を付けましょう‼

その後、作業服に着替え朝礼スタートです。朝礼はとても大切です。

点呼をとり、作業指示書を渡して今日1日の作業・当日の変更点を指示します。

安全運転・安全作業をテーマに話し、仕事モードに切り替え1日がスタートします。

【積込と点検】

朝礼終了後は、荷物の積込と車輛の出発前点検を行います。

基本は自身でフォークリフト運転し積込を行います。安全には細心の注意を払っての作業です。

また弊社にはなんと❕フォークリフトのスーパーマンがいます❕

手が空いていたら手伝ってもらえるのでとても助かっています。

フォークリフト免許がない方は、入社してから取得ができるので、そこは心配いりません。

注目!!!最重要の出発前点検!!

しっかり点検しないと大きな事故に繋がります。

ランプ切れ、ブレーキの効き具合のチェック、

その他不具合がないことが確認出来たら出発です。

【現場搬入】

現場の到着したら、現場担当者に連絡後に搬入です。

現場によってはフォークリフトで下ろす場合もありますが、基本は移動式クレーン使用します。

免許必須ですが、移動式クレーン免許も入社後にスキルアップの為取得出来るのでご安心を。

そして、現場で積荷を下ろしたら終了です。搬入作業は、だいたい1日3~5件行います。

【搬入終了後】

1日の流れで、件数が少ないときがあります。

早く搬入が終わった時は、会社に戻り車の清掃・点検を欠かさず行い不具合がない様にしています。

場内での作業もあるので、搬入がなくてもやることはたくさんあります。

どんどん仕事を覚えてスキルアップしましょう!!

【私事の報告】

前回は運行管理者資格の合格をお伝えしました。

そして今回は、小型移動式クレーンの講習を受講し、こちらも無事に免許を取得致しました!!!

弊社に入社して3つ目の資格です。まだまだスキルアップ中なので

次回も新しい報告ができるよう頑張ります!!

まとめ

今回は重量物輸送事業の輸送、搬入作業についてご紹介しました。

難しい作業もありますが、流れを掴めば働きやすいと思います。

共に働き、一緒にレベルアップできる仲間をお待ちしております。

興味がある方は、ぜひお気軽にご連絡下さい。

お気軽にお問い合わせ・ご応募ください!

お電話でのお問い合わせ

03-5493-3000

【受付】平日08:00~19:00 担当:渡辺