ブログ

blog

【太陽光パネル 施工・設置 20191001】重量物のトータルプロバイダー タカギロジスティクス

屋外用太陽光パネル施工

重量物のトータルプロバイダー タカギロジスティクスより、重量工事業・太陽光事業・重量物輸送事業と様々なジャンルからの事例をご紹介いたします。

戸建住宅・屋根置き型 太陽光システムについて

太陽光担当の小松です。

前回は屋根の材質に関してご説明しました。

今回は

『陶器瓦』

の施工方法についてご紹介いたします。

※ 陶器瓦とは・・・粘土瓦の一種で粘土を瓦形に成形し、釉薬という

          うわぐすりを掛けて焼き上げた瓦です。

 

陶器瓦施工方法

陶器瓦の施工方法は、大きく分けて3つの工法があります。

 

①支持瓦工法

 

既存の瓦の代わりに☟アルミの瓦を入れて架台を取り付けます。

     

 

 

②差し込み金具工法

 

瓦を切り欠き、瓦と瓦の間から金具を出します。

   

 

 

③アンカー工法

 

瓦に穴を開けて野地板に固定した金具を突き出します。 

     

 

 

施工完了

こちらが完成形です。外観はどの工法も同じように見えますね。

【まとめ】

 

陶器瓦の施工は、瓦を脱着をするという一手間が加わるため

他の屋根材より時間と労力が必要となります。

更に、空き地など地面に施工する野立ての太陽光工事と違って

施工不良が雨漏りに直結するので神経を使いますね。

 

穴を空けた場合は、雨漏り防止の為「コーキング」をします。

コーキングとは、樹脂製が原料のコーキング剤で

ビス等の隙間を埋める作業のことです。

 

こういった一つ一つの工程を丁寧に行うことで、お客様に満足いただける品質を確保し

安心して工事を任せて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせ・ご応募ください!

お電話でのお問い合わせ

03-5493-3000

【受付】平日08:00~19:00 担当:渡辺