ブログ

blog

【太陽光パネル 施工・設置 20191201】重量物のトータルプロバイダー タカギロジスティクス

屋外用太陽光パネル施工

重量物のトータルプロバイダー タカギロジスティクスより、重量工事業・太陽光事業・重量物輸送事業と様々なジャンルからの事例をご紹介いたします。

戸建住宅・屋根置き型 太陽光システムについて

太陽光担当の小松です。

前回は、戸建の太陽光工事の一例、『陶器瓦』の施工方法についてご紹介しました。

今回も引き続き、戸建の太陽光工事例のひとつ、『スレート屋根への施工例』をご紹介します。

 

スレート屋根とは

スレート屋根とは、セメントと繊維材料を混ぜた、厚さ約5mm程度の平板状の屋根材のことで、

薄い板状で軽いため、運搬がしやすく施工費が安く済むのが特徴です。

ただ、劣化すると割れやすく、苔が生えやすいので滑ります。

塗装しているとさらに滑りやすくなるため、屋根での作業は注意が必要ですが、

スレート屋根への太陽光パネル設置は、どのメーカーのものでも比較的簡単です。

そのスレート屋根への施工手順がこちらです。

 

スレート屋根への施工

①ドリルで穴開け

コンクリート用ドリルで、スレート材に穴を開けます。

  

屋根に穴を開けるので失敗は許されません。正確な墨出しをしてから取り掛かります。

②シリコン挿入

①であけた穴に、シリコンを入れます。

  

ブチルゴムを入れたり、ブチル付きビスを打込むメーカーもあります。

③ビス打ち

   

ビスで金具を固定したら、止水のために、金具周囲にシリコンを打ちます。

④レール取付

  

③の金具に、パネルを固定するための縦レール・横レールを取り付けます。

④パネル取付で完成!!

 

 

【まとめ】

メーカーは、それぞれ独自の施工マニュアルを持っており、マニュアル通りの施工をしないと

メーカー保証が効かなくなってしまいます。

ですから施工ID取得者は、メーカーのマニュアルに沿ってきちんと施工し、各工程ごとに施工写真

を撮影し、写真付きの書類を提出します。

大切な家屋の屋根ですから、失敗は許されません。タカギロジスティクスの技術スタッフは、

完工まで気を抜くことなく、最後まで丁寧に安全な施工を心掛けています。

次回は、金属屋根の太陽光パネル施工の様子をご紹介します。

お気軽にお問い合わせ・ご応募ください!

お電話でのお問い合わせ

03-5493-3000

【受付】平日08:00~19:00 担当:渡辺